犬 胆泥症 りんごやかぼちゃは与えても大丈夫?

犬はりんごを問題なく食べられる。

 

基本的には、果物にアレルギーがない限り、子犬からシニアまですべての犬がりんごを食べることができます。

 

ただし、犬が食べられるのはリンゴの果肉の部分だけで、種や茎、葉は食べられません。犬にリンゴを与える際には、他にもいくつか注意すべき点があります。

 

 

[りんごは
カリウムやリンなどのミネラル、ビタミンCが豊富に含まれる
また、水溶性の食物繊維であるペクチンや、バクテリア、酵素なども含まれています。

 

リンゴ酢に含まれる有機酸とペクチン
リンゴ酢に含まれる有機酸やペクチンは、善玉菌を増やし、腸内環境を改善し、デトックス効果があります。

 

 

また、りんごは犬が食べてもいい果物の一つです。主成分は砂糖ですが、特に必須ミネラルであるカリウム、ペクチンやセルロースなどの食物繊維が豊富に含まれています。ペクチンは、腸内環境を整え、脂肪を吸収・排出する働きがあると言われています。

 

 

アップルサイダービネガーもいいですね。
アップルサイダービネガーは素晴らしい製品です。
セロリもリンゴ酢も手に入りやすいので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

 

 

以前、ランセット誌で「1日1個のリンゴを食べ、250ccのオリーブオイルを飲めば、2週間ほどですべてが解消される」という記事を読んだことがあります。りんごに含まれるリンゴ酸は、コレステロールの結晶を溶かすウルソデオキシコール酸(UDCA)と似た働きをします。

 

 

病院から通知が来ていたにもかかわらず、子どもがかわいそうだと思って健康診断を受けさせなかったことを後悔しています。
もし、定期的に検査を受けていたら、もっと早く何かに気付いていたかもしれません。

 

 

犬が食べられるリンゴの量は、通常、リンゴの4分の1の大きさと言われていますが、犬の個体差があります。実家で飼っていた中型の雑種が、祖父のリンゴを丸ごと食べてしまったことがありましたが、昔から便通が良く(苦笑)、健康で長生きしています。

 

 

刻んだ肉をお勧めしていますが、刻んだ肉は低脂肪ですが高タンパクです。
餌の時間には、ごく少量、またはほんの少ししか与えない方が賢明です。
野菜でも良いのですが、サツマイモやカボチャは炭水化物が多いので、それらも与える場合はごく少量にしてください。

 

 

少量のかぼちゃとにんじんのみ。

 

ビタミンA中毒に注意→犬は人間よりもカロテノイドの変換率が高い)。

 

 

 

-少量の亜麻仁油を摂取して、その効果を確認する。

 

 

 

-少量のLG21ヨーグルト

 

 

また、この2ヶ月間で野菜の与え方を変えました。
私はまず、ニンジン、トマト、マッシュルーム、カボチャ、ブロッコリーを食べました。
そして、ブロッコリー。
ニンジン、トマト、マッシュルームは調理しません。
ジャガイモやキャベツなどの葉物野菜は取り除きます。

 

 

バターナッツ・スクワッシュは緑黄色野菜として人気があります。ほのかに甘い香りがするだけでなく、豊富な栄養があることも、愛犬の食事に取り入れたい理由のひとつです。ここでは、かぼちゃが持つ様々な栄養素をご紹介します。

 

 

犬のかぼちゃの栄養その1:β-カロテン
β-カロテンはカロテノイドの一種で、抗酸化作用があります。かぼちゃの鮮やかな黄色やオレンジ色の元になっています。
体内に増えた活性酸素を除去し、細胞の老化を防ぐ効果があると言われています。

 

 

主な野菜は、キャベツ、にんじん、ブロッコリー、トマト、さつまいも、かぼちゃ、です。
1歳くらいの時、血液検査でALTの値が139と高かったのです。ウゾに乗っていた時は下がっていたが、やめたら上がった。獣医さんに勧められた消化器系サポートフードを与えています。

 

 

そり犬に多い胆汁うっ滞なのか、それとも別の病気なのかはわかりません。
また、肝炎や膵臓炎にも良いとされています。

 

 

コムソムが行った病院
行くたびに、エコーで膀胱と胆嚢をチェックされます。
そして、胆嚢です。
Komusumの胆嚢は少し小さいです。
少し傷ついているようです。

 

 

ALPは変わらず、画像診断では胆汁うっ滞が確認されているので、それが影響していると考えています。
その他の肝臓の数値も改善しています。

 

手作りの食事を始めて2ヶ月、サプリメントを始めて1ヶ月、数値に変化が出てきました。

 

 

肝臓は予備軍であり、再生能力の高い臓器であるため、肝臓病になっても症状が出にくく、症状が出たときにはすでに重症化していることが多いのです。犬の肝臓病とは、炎症や細胞の破裂、細胞内への脂肪の過剰な蓄積などにより、肝臓が本来の機能を果たしていない状態を指します。

 

 

高脂血症から糖尿病になり、胆汁うっ滞もあり、腎臓と肝臓の数値もかなり悪いです。
私はもともと食べ物に興味がなく、いつも適当に食べたり食べなかったりしていたのですが、糖尿病になってからはそれができなくなりました。手作業で1錠ずつ強制給餌しています。ずっと他社の糖尿病食を食べていましたが、イヌシンの糖質・脂質コントロールを知って、とても嬉しくなりました。